尾道へ



尾道の観光のサイトを見ていたら、
私にとってのツボな美術館を絡めたモニター旅行があるというので
即応募!
お金もすぐに払い込んで、5日が来るのを今か今かと待っていました。


尾道駅に9時に集合。

まず尾道市立美術館へ。
f0141700_16113722.jpg


旧館(右)が尾道で一番古い神社の建物を模したもの、
新館(左)は安藤忠雄さんの設計した建物です。
f0141700_16135264.jpg



万葉集の歌を題材にした日本画作品などを展示する
「奈良県立万葉文化館コレクション-日本画でみる万葉の世界」が
5月8日まで、展示されています。


f0141700_18251285.jpg

美術館のロビーから見える景色。
この日は前日雨が降り、当日は晴れて向こうの四国まで見えるほどのいいお天気でした。

f0141700_1828597.jpg

桜もちょうど満開で嬉しい限り。ぶらぶらと散策しました。
屋台のイカ焼きのいい匂いがしています。
周りにお弁当を広げている家族もおられました。

f0141700_18302485.jpg

尾道と向島を結ぶ新尾道大橋の見える風景。

f0141700_18381169.jpg

相撲で尾道場所があったんですね。
貴乃花や若乃花、懐かしい~^^

この後、なかた美術館でランチのコースをいただき
尾道市立大学の所蔵する美術展へ。

f0141700_18403355.jpg


ここは学生さんの作品を買い取り、それを展示しているスペースです。
珍しいもので本のブックカバーをデザインしている作品もありました。
掛け軸もありましたし、大きい絵の作品もありました。

入り口にはこんな作品も。
f0141700_1844591.jpg


最後の美術館、4つ目になります。
圓鍔勝三(えんつばかつぞう)彫刻美術館へ。
f0141700_18464225.jpg

彼のことは今まで全く知らなくてここで初めて知りました。
岡山には平櫛田中という彫刻家がいますが、彼と同様に長生きをされて
たくさんの作品をこの世に残しています。
広島駅の新幹線の入り口にあった「再会」もありました。

f0141700_2044054.jpg

美術館の外にあった「朝」。東に向かって立っています。

楽しい旅でした。お腹も心も満足満足。
まだあと2館ほど尾道には美術館があるようです。
時間があったらまた行きたいな。
[PR]

by rietanr | 2016-04-13 20:51 | 休日 | Comments(2)

Commented by sarutobietthan at 2016-04-17 16:07
尾道に行けるなんて、羨ましい。
絶景ですね。
海のある風景は、爽やか。
気持ちよさげです。
私、草餅も、君時雨も大好き。
和菓子が作れるなんて、いいですね。
Commented by rietanr at 2016-04-20 16:39
sarutobietthanさん
コメントが遅くなってしまいました。すみません。
ツァーを申し込んだときに桜が満開だったらいいなぁと思っていたらその通りになりました。
美術好きの私のとって嬉しい旅になりました。
ちょうど尾道までの時間が1時間ばかり。でもあっという間につきました。
今週末には港祭りというイベントもあり、興味津々な尾道です^^